ビジネス 経済

【フランス】若者失業率20%でも困らない国

2021-09-11

 

 

質問者
社会保障が充実している先進国は消費税が高く年金問題や国債などの負の遺産が少ないイメージがあります。

日本が逆なのはなぜでしょうか?

また寝たきりの高齢者が生きるために多額の税金を使うことに理解ができません。

そう考える人の思考回路を教えてください

 

高齢者に税金を使う理由

寝たきりは置いておいて…。

高齢者の方が多いので「高齢者にお金を使います」という党に投票するので、結果として高齢者にとって豊かな状況になっています。

なので高齢者向けの年金ってずっと出し続けていますよね。

 

高福祉で高消費税の国

フランス

消費税が高い国、例えばヨーロッパとか福祉が割と充実しているのでその分消費税高いよねっていうので、フランスも消費税20%ぐらいあるんですよね。

医療費タダだし普通に暮らしていてお金のない人ってだいたい月に1万円2万円ぐらいもらってるんですよね、国から。

 

フランスのアロカシオン

アロカシオンという家賃手当みたいなのがあって。

外国人留学生です、パリ住みます!

となると8万円ぐらいの家賃のとこ住むと1万5千円とかもらえるんですよ、国から。

計算式があって、家族が多いともうちょっともらえたりという感じで。

そんな感じで暮らしているだけでお金みんな貰えるっていうシステムがあるんすよね。

 

外国人でも貰える

インド人

残念ながら僕は貰えないのですけど。

僕もフランスで収入ゼロで全部日本の収入にしちゃうっていうのをやると、多分フランスで僕もらえるんですよね。

一応フランスに滞在するビザは持っていて、収入そんなに多くないよねっていうのを主張すると一応貰えるってのがありますけど。

合わせて読みたい

フランス
【実体験】パリでアジア人が受けた、それって差別?

僕の住んでいるアパートっていうのが昔からあるアパートなんです ...

続きを見る

 

実はフランスの若者は困ってない?

お金配るのは当たり前っていうので、さらに仕事がないと失業保険的なものがもらえたりっていうので割と福祉充実がしているんですよね。

 

募集しても人が来ない

フランスって若者の失業率が20%ぐらいいっているという話を日本でも言う人がいますけど、失業率20%って働くのがすごく大変なんだって思うんですけど、パリの飲食店とかって募集しても人が来なくてめっちゃ困っているんですよ。

本来失業率20%ということであれば、みんなが仕事したいというので飲食店とかにも応募してくる人が多いはずじゃないですか。

ところがどっこい応募してこないし働いた奴もすぐ辞めるんですよ。

 

充実した失業保険

これがなぜなのかっていうと、だいたい1年働くと1年失業保険をもらえますので、1年働いてわざと辞める奴がいっぱいいるんですよ。

1年働いて辞めると1年分給料もらえるから働き続ける理由がないんですよ。

確か給料7割ぐらい貰えるのかな?

なので1年働いたら辞めて1年働いたら辞めて…とやってダラダラ暮らす人って結構いるんですよね。

 

家を貸して金を儲ける人も

働いていない期間というのも7割貰いながら、今だと難しいんですけどAirbnb(エアビーエヌビー)みたいなので自分の家を貸出しながら月1万家賃手当で政府から貰ってるんですよ。

外国人が借りたいですと言ったときは自分の家を1泊1万円とかで貸して彼女の家に住むんですよ。

そうすると1カ月の間1週間外国人に家貸すだけで7万円とか入るんですよね。

彼女の家に住んでいるだけで7万円入ってもともと失業保険で給料の7割分が入って、さらに家賃手当1万円とかも入るので、

働く必要なくね??

っていう人が結構いるんですよ。

 

日本とフランスは違う

というのもあるので、若者失業率20%というのを日本の失業率の高さとフランスの失業率の高さを、同じ数値として考えるのは僕は完全に間違っていると思うんですよね。

とはいえ、そういう状況って知られていないじゃないですか、日本で。

フランスって失業率20%だから若者が大変困っている国だよね、みたいな見え方するんですけれども、そんなに困ってないんじゃね…という。。。

ハイ。

こちらもCHECK

お金
【お金】年収170万円と手取り12万円の男達

質問者3名にひろゆきが答える 「年収170万円の人」 「手取 ...

続きを見る

こちらもCHECK

ダーウィン賞
【ワクチン】日本人が副反応が出やすい真の理由

・ニューイングランドジャーナル 無作為化プラセボ対照第 1・ ...

続きを見る

-ビジネス, 経済
-,